【1】六義園(りくぎえん)|文京区


ライトアップ期間は、11/20から12/7まで開催!


六義園は、もともと大名庭園として造園された背景があり、その歴史は1695年(元禄8年)までに遡ります。現在では、国の特別名勝地として、また都立庭園として都民の憩いの場となっています。
四季折々の様々な表情を見せる六義園ですが、これからの紅葉の時期は年間を通して、春の桜と並ぶ人気の季節です。それは、ずばり夜間に行われるライトアップです。
艶やかに色づいた葉にライトが照らされることで庭園全体が幻想的な様相を呈します。ライトアップは、2014年11月20日(木)から12月7日(日)まで開催されます。期間中は、21時まで園内でライトアップを鑑賞することができます(※ 入園は20時半まで)。

住所や電話番号など詳細はこちら


六義園(りくぎえん)


【2】江戸東京たてもの園|小金井市


ライトアップは期間は、11/22から11/24までの3日間開催!


江戸東京たてもの園は、小金井公園に併設された歴史的に価値の高い復元建造物を展示する野外博物館です。日本各地から移築・復元された建物が立ち並び、さながらタイムスリップしたかのようなノスタルジックな雰囲気が漂う園内です。
江戸東京たてもの園内数々の人の手で作り出した傑作品と紅葉という自然現象がライトアップでさらに美しく鑑賞できるイベントがあります。
 
2014年11月22日(土)・23日(日)・24日(月・祝)の3連休限定で園内でライトアップイベントが実施されます。夜間特別開園として、期間中16:30から20:00まで実施されます。

住所や電話番号など詳細はこちら


江戸東京たてもの園


 
 

【3】大田黒公園|杉並区


ライトアップ期間は、11/28(金)から12/7(日)まで開催!


大田黒公園は、もともとは個人の邸宅の一部を杉並区が譲り受け、回遊式庭園として整備された知る人ぞ知る素敵な公園です。音楽評論家であった大田黒元雄氏の屋敷を整備し、1981年10月に開園した比較的若い公園です。
四季を通じて、いろいろな表情を見せる大田黒公園でもやはり紅葉とそのライトアップはなんといっても格別です。また、素敵な庭園があるにも関わらず、無料で入れるのでダブルでうれしいですよね。
ライトアップ期間は、2014年11月28日(金)から12月7日(日)まで開催されます。照明は、日没後から20時まで実施されます。

住所や電話番号など詳細はこちら


大田黒公園


まとめ


いかがでしたか?東京都内にある六義園、江戸東京たてもの園と大田黒公園の紅葉ライトップイベントをご紹介しました。
日中の紅葉も素敵な光景ですが、日が暮れてからのライトアップも格別ですよね!イベントは昼間よりも気温が下がり、冷えるので親子でしっかり防寒対策をした上でおでかけしたいところです。
年に一度のこれから見頃を迎える紅葉とそのライトアップイベントに子ども連れでおでかけしてみてはいかがでしょうか♪

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


1. 六義園(りくぎえん)|文京区


2. 江戸東京たてもの園|小金井市


3. 大田黒公園|杉並区


※ ライトアップの開催情報は、2014年10月24日現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ


・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード