赤ちゃんを連れてのディズニー・・・大丈夫?!


067

 

赤ちゃんを人混みに連れていくことだけでも勇気がいるもの、けれど何かの記念だったり・・・とディズニーに行きたいときもありますよね。

そんなご家族が少しでも安心してお出かけ出来るようにポイントをご紹介します!

 

 

 

ベビーカーが便利!レンタルもありますよ


人混みだから抱っこ紐で!と思われる方もいるかもしれませんが、ベビーカーがあると何かと便利です。

お昼寝もしっかり出来ますし、ママもパパも手が空くのでストレスを感じません。

抱っこ紐でなければ絶対に駄目なお子さんでなければ、ベビーカーを持って行きましょう。

遠くからのお出掛けで持って行くのは荷物になる・・という方は、レンタルもありますので是非、ご利用して下さい。
 

4

 

 

事前にベビーセンター&授乳出来る場所をチェック!


両パークにそれぞれ一カ所ベビーセンターがあります。

おむつ交換や離乳食をあげるスペースがあるのでとても便利で赤ちゃん連れのママの強い味方です。

施設にはキャストの方もいて、しっかり案内してくれるので安心ですよ。

パパも入れるので、家族みんなで利用出来ます。

ただ、授乳室は個室になっていて、男性は入れませんのでご注意を。

中はカーテンで区切られているので、ママにとっては授乳を安心して出来ます。

 

01

出典:www.tokyodisneyresort.jp

 

ベビーセンター以外にも、トイレに授乳室があり、授乳が可能です。

ただ、授乳室が1つしかないトイレもあり、授乳待ち行列ができていることも。

 

折角のディズニーでの貴重な時間を有効に使えるように、事前にどこにあるのかベビーセンターと授乳室を調べておくといいですね。

 

 

 

赤ちゃんの食事


 

ミッキーワッフル

 

赤ちゃんを連れてのお出掛け、きっと離乳食が始まった頃からが一番多いのではないでしょうか?

そうなると赤ちゃんの離乳食も気になりますよね。

ベビーセンターでも販売していますが、もし荷物にならなければ持参するのが一番安心でしょう。

レストランでもキャストの方に「離乳食をあげてもいいでしょうか?」と聞けば、快くOKしてくれます。

離乳食だけではなく、おやつや他の水分も持っていくと、より安心ですね。

 

 

 

服装&着替え


おでかけ

 

おむつを変える時だったり、授乳や離乳食のときだったり・・・、赤ちゃんは予定外に服を汚しますよね。

着替えは荷物になりますが、手荷物には最低一式は入れておきましょう。

ディズニーは、海の近くになので季節に関係なく、気温の変化が激しいです。

昼は温かくても、夜は寒かったり、風が強かったりします。

そんなとき、着替えが防寒にもなって便利です!

 

 

 

荷物が何かと多くなりがちな赤ちゃん連れ


コインロッカー

 

これまでおすすめの持ち物をご紹介してきましたが、よく考えるとすごい荷物ですよね。

おむつ、着替え、おやつやミルク・離乳食にと鞄はパンパンです。

荷物が多すぎて遊ぶのに邪魔だな、という方は「コインロッカー」を有効活用してはいかがでしょう?

 

また、ディズニーでは赤ちゃんに必要な物は買えますので安心して下さい。

「荷物が多すぎて家から持ってくるのが大変!」という方は、必要に応じて購入するという手もあります。

 

 

 

 

レストランは事前に予約を!


トイストーリーマニア1

 

レストランは当日込み合って利用出来ないことが多いので、「プライオリティー・シーティング」を利用するのがおすすめです。

「プライオリティー・シーティング」とは、レストランの事前予約をするサービスで、当日予約した時間に現地に行けば、混んでいても優先的に席へ案内してくれます。

 

 

 

計画をしっかり立てて行きましょう♪


ディズニーは、大人には楽しい場所ですが、赤ちゃんはすぐに疲れてしまいますよね。

少しでも負担をかけないように、パーク内を円滑に回れるようスケジュールを立てて行きましょう。

乗りたいアトラクションや行きたいレストランを事前に家族で話し合って、ある程度の回り方を決めておくのがオススメです。

事前にしっかりリサーチと準備をし、利用出来るものはしっかり利用して、家族で楽しい時間を過ごせるようにして下さい。

 

 

 

 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


東京ディズニーランド


 

東京ディズニーシー

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。