どうしても食べられない苦手な食材。給食のことを考えると何とか克服した方がいい?!


小学生くらいのお子さんの中には、食べ物の好き嫌いが激しい子も少なくありません。中には頑張って食べようと努力をしても、どうしても嫌いな食べ物を克服できないお子さんもいます。小学校は給食だというご家庭がほとんどだと思われますが、嫌いな食材が入っているためにいつまでも残ってしまって・・・ということもあり、できれば何でも食べられるようになってほしいと考えるママも多いのではないでしょうか? 「どうしても食べられないもの」についてどのように対処していけばいいのか、医療やヘルスケアの専門家が回答するQ&Aサイト「なるカラ」で看護師さんや薬剤師さん、管理栄養士さんたちがアドバイスを下さいました。
 
子どもの好き嫌いをなくして外食におでかけ
 
 

小学生のお子さんのママの悩み:グレープフルーツを食べると吐き気を催してしまう我が子。給食のことを考えると何とか克服させたいのですが・・・


お子さんがグレープフルーツがどうしても苦手で、頑張って食べようとしても吐き気を催してしまうほどで困っているようです。給食を完食できないのはダメなことだ・・・と子供が思ってしまうのは可哀想なので、何とか食べられるようにしてあげたいとママは考えています。
 
「小学生の子供ですが、グレープフルーツがどうしても食べられません。家庭でいろいろ工夫して試してみるのですが、最後の苦味に吐き気をもよおすようです。他の柑橘系はほぼ大丈夫です。栄養面では問題ないのでしょうが、小学校の給食で全員完食が条件の先生にあたると、とても怯えてしまいます。口に入れて頑張るのですが、飲み込むときにダメになってしまいます。こういった好き嫌いを治すことは可能でしょうか?(40代・女性)」

 

 

続き(専門家の回答)を読む


 
 
イクシルのロゴ

※妊娠・出産・子育ての悩みや疑問に専門家が答えるニュースコラム「イクシル」提供
 
※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。