夢の国東京ディズニーランド(TDL)。幼児でも楽しい、そして、3歳以降になると乗れる乗り物の数が格段に多くなることで子ども自身がわくわくしてしまう。そんな素晴らしい国ですよね。そんなディズニーランドの年間パスポート(年パス)は大人で1枚53,000円します(※ 2014年8月時点)。高い年パスを購入するかしないか。検討中の方におすすめの使用方法をお教えします。これを見て購入を決めても良いかも!?
 
年パスを使えば誰でもディズニー通になれるイメージ画像 出典:http://www.tokyodisneyresort.jp/attraction/detail/str_id:al_western/
 
 

年パスの賢い使い方!


1. パレードだけを見に行く日と決めてしまう!


年パスを購入してディズニーのパレードが見放題なイメージ画像出典:http://www.tokyodisneyresort.jp/show/detail/str_id:ondokodon/
 
 
年パスがどこよりも強気な値段のディズニーランド。なぜだか分りますか?それはディズニーランドは乗り物に乗らなくても楽しめる施設が豊富だから。多くの固定客をもち、年パスが強気価格でも売れてしまうからです。年間パスポートを購入したらもう行ったもの勝ち。回数をこなすためにも、パレードだけの日と決めてしまう人が多いです。
 
 

2. 隠れミッキーを探す日として運動場にしてもよし


年パスを買えば園内の隠れミッキーを探すイメージ画像出典:http://xn--zck4aza3c9il70zhw6d.xn--dck3bubs9v.biz/
 
 
ディズニー通の人は皆知っている隠れミッキー。実はあらゆるところに隠れミッキーがちらばっています。ディズニーランドは混雑シーズンだと乗り物に乗るのに2時間、3時間待ちは当たり前。ファストパスも真夏や真冬ではつらいです。じゃあ、混雑している日はお子さんとディズニーを公園変わりにしちゃいましょう。
 
 

3. 真夏の暑い時期、真冬の寒い時期は1時間だけ遊ぶでもよし


年パスを使えば年中気軽にディズニーに行けるイメージ画像出典:http://www.tokyodisneyresort.jp/greeting/detail/str_id:gre_rental/
 
 
ディズニーランドは毎日大変混雑しています。経験上空いているシーズンは決まっているのですが、特に空いているのが真冬の夜。本当に寒ければ寒いほど空いています。しかし、何時間もいれませんよね。ましてや、幼児連れなんて地獄。年パスなら1時間乗りまくって帰宅もあり
 
 

4. 乗り物は空いている時だけに乗ればいいやの感覚になる


年パスのメリットはディズニーの乗りものに空いているときだけ乗れるイメージ画像出典:http://www.tokyodisneyresort.jp/greeting/detail/str_id:gre_rental/
 
 
1日パスポートを購入の方は、ほとんどみなさん今日はどう効率よく乗り物に並ぶのかを一番に考えますよね。年間パスポートなしの時代の私もそうでした。ビックサンダーマウンテン「120分待ち」、スプラッシュマウンテン「95分待ち」.....気が遠くなります。何と年パスが空いているときに乗ればいいやと思えるようになります。
 
 

5. 狙い目は子ども3歳以下の時期


年パスは子どもが小さい頃を狙って買うのが良いイメージ画像出典:http://www.tokyodisneyresort.jp/greeting/detail/str_id:gre_rental/
 
 
年間パスポートの購入を考えるならお子さんが3歳以下の時が一番。面白く乗れる乗り物が増えて、身長制限もなくなる子どもが増えた1年の間に子どもも年間パス購入をしなくてはいけない時期になります(4歳以上)親2人だけ年パスを買えばよい時期に試してみるのも手。
 
 

まとめ


ディズニーランドの年間パスポートは高価なので、購入するのに本当に勇気がいります。関東圏内ならまだしも地方だったら9回も来れない!という人も多いですよね。年パスさえあれば、実はディズニーランドが夏休み旅行になったり、お子様がリラックス出来る時間が増えますよ。是非ご検討下さい。
 
ちなみに。ディズニーランドの株券を購入すると1dayパスがもらえちゃうので株を購入してみてもいいですよね。
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


東京ディズニーランド


 
 

その他のお得な年間パスポートに関する特集記事へ


 
 

子連れディズニーランドのおすすめ情報特集へ


 
※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。